THE OLD MODERN

昭和初期から数多くの洋風住宅を手がけてきた熊倉工務店。その旧社屋兼住居として建てられた木造3階建の建物を、全4室の宿として用途変更+改装したプロジェクトです。
聴竹居などの作品で有名な藤井厚二に私叔していた当主 熊倉吉太良の設計による昭和4年竣工の建物は、伝統的な京町家のような奥に長い平面計画でありながら、通風換気及び暖房設備の効率的利用等に配慮の行き届いた、当時としては先進的な様々のディテールが特徴的な建築でした。そういったオリジナルの良さを残しながらも、今日の宿泊施設として求められる空間の質や新たな機能を組み込んでいます。

用途 宿泊施設
場所 京都市東山区
構造 木造3階建を2階建に用途変更+リノベーション
延床面積 194.42㎡
設計期間 2017/07~2018/02
工事期間 2018/02~2019/01
施工 株式会社熊倉工務店
事業主 有限会社アナザーワールド
プロジェクトURL http://www.oldkyoto.com/home
撮影 桂秀也